引越しの挨拶はするべき?具体的な範囲やタイミングについて解説!

公開日:2022/07/15   最終更新日:2022/07/20


新しい環境で心機一転、生活を始める前にすませておきたいのがご近所への引っ越しの挨拶ではないでしょうか。ひと昔前までは、ご近所への引っ越しの挨拶は常識と思われていましたが、集合住宅が増えている現在は挨拶に行かない人も増えています。今回は、引っ越しの挨拶はすべきか、挨拶をする範囲、タイミングなどについてご紹介しましょう。

そもそも引越しの挨拶はするべき?

引っ越しの挨拶は、旧居・新居どちらにおいてもしておくことが望ましいですが、近年では必ずしも必要ではないという考えの人も増えています。状況別に引っ越しの挨拶が必要かどうかを見ていきましょう。

■子どものいる家族

小さな子どもがいる家庭では、足音をはじめとして騒音が問題になることが想定されるため、引っ越しの際には挨拶しておくことをおすすめします。事前に小さな子どもがいることを伝えておくだけで、大きなトラブルに発展することを防げるでしょう。とくに、集合住宅の場合、音が響きやすいので両隣と上下階に挨拶しておくとトラブル防止につながります。

■単身者

学生や社会人の場合、挨拶回りをしない人も多いです。その理由としては、防犯上一人暮らしであることがわからないようにしたいと考える人が多いからです。ただ、同年代で同性の学生が多い場所の場合は、交流のきっかけになることもあるので挨拶をしてもいいかもしれません。

■女性の一人暮らし

女性の場合は、防犯対策として挨拶は必須ではありません。どうしても挨拶回りをしなければならない場合は、男兄弟や父親などと一緒に挨拶に行き、一人暮らしであることを伝えないほうが得策です。

■町内会の活動が活発

町内会で合同清掃などイベントがある場合には、事前に挨拶をしておいた方が安心です。自分について知ってもらうだけでなく、近所の人々の家族構成や雰囲気をつかむいい機会にもなります。お互いの顔を認識していることで防げるトラブルもあるため、状況を見て挨拶をするかどうか決めましょう。

引越しの挨拶回りをするべき範囲

挨拶回りをすることを決めたら、次はどの範囲まで回るかを決めましょう。新居が集合住宅なのか、一軒家かによっても変わります。

■集合住宅

集合住宅の場合、自分の部屋の上下左右の位置にあたる部屋に挨拶に行きましょう。隣人は生活するうえで顔を合わせる機会が多く、何かあったときにも接することがあるため必要です。上の階に対しては、足音などの生活音への配慮をお願いし、下の階に対しては生活音などを発することで迷惑をかける旨を伝えます。集合住宅の場合、家によって生活リズムが異なるため、挨拶回りもなかなか大変ですが、よい印象を与えられるように気をつけましょう。

■一軒家

一軒家の場合、自分の家の両隣と向かいの3軒、真後ろに挨拶するのが一般的です。普段の生活でも顔を合わせることが多く、町内会で同じ班になることもあります。さまざまな場面でお世話になることが多いので、きちんと挨拶が必要です。また、引っ越しの際にトラックが道路に止まり、屋外作業などで騒音が出てしまうこともあるので、事前に挨拶に回り、引っ越しの予定日などについて一言お詫びを伝えておくと今後の円滑な付き合いにつながります。

引越しの挨拶はいつ頃するべき?

引っ越しの準備であわただしいので、挨拶回りに行く時間があまりないかもしれません。自分の都合だけでなく相手の都合にも配慮して挨拶に行くタイミングを考えるべきです。

■タイミング

旧居で挨拶をする場合、引っ越しの前日までに済ませておくと安心です。引っ越し当日はやることに追われて挨拶に回る時間はかなり限られてしまいます。いい印象を与えられるように身なりは整えてから回りましょう。できるだけ明るい、常識的な時間に訪問すると相手に不信感を与えることはありません。平日が難しい場合には土日の訪問でも仕方ないですが、休日はゆっくり過ごしたい人も多いはずなので、午前中は避けましょう。

■不在時の対応

何度か訪問しても挨拶できない相手には、無理に訪問し続けるのではなく、挨拶状を残しておくようにしましょう。生活リズムが違ったり、人と積極的に接したくなかったり、理由はさまざまです。手土産を置く場合は不審物と間違われないように明記しておき、ポストなどに入れておきましょう。

引越し挨拶におすすめの手土産

挨拶の際にはちょっとした手土産を添えるのが一般的です。よく配られる品物としては、石鹸などのバス用品やミニタオル、ラップ、お茶、おかしなど実用的で消費しきれるものがいいでしょう。相手の好みがわからないので無難なものがおすすめです。

 

引っ越しの挨拶は必ずしも必要なものではありませんが、地域の人々との交流や何かあった際のトラブル回避のためにもやっておいた方がよい場合もあります。引っ越し先の状況を把握したうえで、適切な対応を取れるよう準備をしておきましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

新しい環境で心機一転、生活を始める前にすませておきたいのがご近所への引っ越しの挨拶ではないでしょうか。ひと昔前までは、ご近所への引っ越しの挨拶は常識と思われていましたが、集合住宅が増えている

続きを読む

藤沢市で引っ越し業者を探している人は必見です!この記事では、藤沢市のおすすめ引っ越し業者を紹介しています。自分で探していても比較の仕方が分からず、なかなか業者を決められない人も多いでしょう。

続きを読む

引っ越しには多くの費用が掛かるため、できるだけ安い業者を選ぼうとしてしまいがちですが、安さだけで判断して引っ越し業者を選んでしまうと悪質な業者につかまる危険性もあります。ここでは、悪質な業者

続きを読む

引っ越しの時にエレベーターがあるのとないのとでは、料金が変わることをご存知でしょうか。物件によって階段しかないところも多く存在しますが、2階以上の部屋の場合人の手が必要なためかなりの作業と時

続きを読む

相模原市で引っ越し業者を探している人は必見です!この記事では、相模原市のおすすめ引っ越し業者を紹介しています。自分で探していても比較の仕方が分からず、なかなか業者を決められない人も多いでしょ

続きを読む

川崎市で引っ越し業者を探している人は必見です!この記事では、川崎市のおすすめ引っ越し業者を紹介しています。自分で探していても比較の仕方が分からず、なかなか業者を決められない人も多いでしょう。

続きを読む

引っ越しをする際に、どこの引っ越し業者に依頼するか迷う人は多いのではないでしょうか?引っ越しにかかる料金やプランなどは、引っ越し業者によって異なります。そこで、今回は横浜市でおすすめの引っ越

続きを読む

住まいで暮らすうえで対策必須といえる部屋の湿気・カビ問題。これらは引っ越しのときにも注意すべきポイントであり、カビをそのまま放置しておくとアレルギーや感染症の原因となるなど、生活に悪影響を及

続きを読む

引っ越しを行う際には、荷造りと並行してさまざまな手続きに追われることも多いですが、その中でも忘れずに行っておきたいのが、マイナンバーカードの手続きです。ここでは、引っ越しで必要となるマイナン

続きを読む

引っ越しをきっかけに大掃除や断捨離をするという方も少なくないでしょう。しかし、中には「捨て方がわからなくていらない物を処分できない」と困っている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はス

続きを読む